できるだけ痛くない治療を~一般歯科~

文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大

痛みの少ない、やさしい虫歯治療を心がけています

調布駅南口にある歯医者「エンゼル歯科クリニック」の一般歯科では、できるだけ痛くない虫歯治療のご提供に努めています。「痛くない治療」を実現するための最大のポイントは、虫歯が悪化する前に治してしまうことです。虫歯のサインを見逃さず、早期発見・早期治療で健康な状態を取り戻しましょう。

虫歯かなと思ったらすぐに診療を

虫歯かなと思ったらすぐに診療を

「水を飲んだときに歯がしみる」
「食事のときに歯が痛くて咬めない」
「何もしていないのに歯がズキズキする」

これらは虫歯の代表的な症状です。初期段階の虫歯には自覚症状がほとんどありませんが、「少し気になるくらいだから大丈夫」と思ってそのままにしておくとどんどん進行してしまい、最悪の場合には歯を失ってしまう恐れもあります。また虫歯は進行すればするほど治療にかかる期間が長くなり、治療費も高くなり、治療の際の痛みも大きくなってしまいます。治療が早いほどこうした患者さんの負担を減らすことにつながりますので、違和感があれば早めにご相談ください。

box

logo

コラム 虫歯のメカニズム

お口の中では食事のたびに歯のミネラル分が溶かされる「脱灰」という作用と、溶け出たミネラル分が唾液の力で再び歯に戻っていき、脱灰した部分を修復していく「再石灰化」という作用を繰り返しています。この脱灰と再石灰化のバランスが崩れる(脱灰のスピードが再石灰化のそれを上回る)と、虫歯になってしまいます。ここで重要なのは、脱灰と再石灰化のバランスを崩さないこと。つまり、歯の再石灰化が重要なカギになるのです。

虫歯は風邪のように放っておいても治ることはありませんが、歯の表面にあるエナメル質が白く濁って見える程度のごく初期段階の虫歯なら、再石灰化を促すことで歯を削ることなく虫歯を治すことが期待できます。間食やダラダラ食べを控えてお口の中に糖分がない時間を増やしたり、キシリトール入りの食品を活用したり、歯科医院で歯のクリーニングやフッ素塗布等の予防処置を受けたりすることが歯の再石灰化につながりますので、ぜひ実践してみましょう。

なるべく「削らない」「抜かない」「痛くない」治療を

なるべく「削らない」「抜かない」「痛くない」治療を

虫歯になっても、歯を削る治療によって痛みなどの症状を取り除くことはできます。しかし、一度溶かされた歯や治療で削った歯は、二度と元の健康できれいな状態には戻りません。溶かされた歯、削られた歯にはダメージが残ってしまい、そのダメージが歯の寿命を短くしてしまいます。さらに、歯を削る治療や歯を抜く治療が「痛み」などを通して患者さんの心と体に大きな負担をかけるという点も無視できません。

そこで当院では、「できるだけ歯を削らず、神経を取らず、患者さん自身の歯をできるだけ残そう」という、「M.I.(ミニマルインターベンション:Minimal Intervention)」の考え方にもとづいた治療を行っています。削る量が少なく、削る深さや範囲も狭ければ、治療にともなう痛みも必然的に抑えられますし、歯に与えるダメージも最小限にとどめることが可能です。「痛い治療」は誰しも受けたくないもの。当院では加えて、麻酔の工夫によって治療中の痛みを和らげる取り組みも行っています。「痛いのが苦手」という方はお気軽にご相談ください。

治療後は定期的なメインテナンスを

治療後は定期的なメインテナンスを

治療が終わっても、まだまだ安心はできません。虫歯は非常に再発しやすい病気なので、治療後のメインテナンスを怠るとまたすぐ虫歯になってしまう可能性があるからです。虫歯の再発を防ぐために、ご自宅での毎日のブラッシングに加え、歯科医院での定期的・専門的なメインテナンスを受けるようにしましょう。治療後のよい状態を長くキープすることが、「痛い治療」とは無縁の健康的な生活につながります。

虫歯かな?と思ったら、迷わずすぐにご相談ください!

24時間受付中! WEB診療予約はこちらから
お電話でのご予約・お問い合わせ|042-426-4344

TEL:042-426-4344

 
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日:木曜午後・日曜 ● 9:00~14:00  ● 14:00~17:00

PAGE TOP