セラミックやホワイトニングで歯を白く~審美歯科・ホワイトニング~

文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大

気になる銀歯は、白い歯に替えることができます

気になる銀歯は、白い歯に替えることができます

銀色の詰め物が気になって、「人前で口を開けるのに抵抗がある」「会話や食事を楽しめない」「写真を撮るときに思いきり笑えない」といった悩みをお持ちの方はとても多くいらっしゃいます。調布駅から徒歩2分の歯医者「エンゼル歯科クリニック」では、「しっかり咬める」という歯本来の機能回復と見た目の美しさの両立を目指す審美歯科治療をご提供しています。

銀歯をセラミックに替えて、コンプレックスを解消 ~審美歯科~

  • before
  • arrow
  • after

保険診療の虫歯治療でよく使われているのが、「銀歯」と呼ばれる銀色の金属です。白い歯が並ぶお口の中では、とても目立ってしまいますよね。審美歯科ではこの銀歯を使用せず、おもに「セラミック」という天然歯のような自然な白さと透明感を持つ素材を使用します。セラミックは見た目の美しさにも機能面にも優れているので、長期にわたって安心して使用できます。気になる銀歯をセラミックに替えて、口元の悩みを解消しませんか?

銀歯とセラミックの違い
  銀歯 セラミック
見た目の美しさ 白い歯列のなかで不自然に目立つ 自然な白さと透明感があり、天然歯と見分けがつかない
強度・耐久性 金属なので強度が高く、耐久性に優れる 耐久性が高く、長期間にわたって使用できる
金属アレルギーのリスク あり なし
歯ぐきへの影響 イオン化した金属が沈着し、歯ぐきが黒ずむことがある 歯ぐきが黒ずむ心配がない
他の歯への影響 天然歯よりも硬度が高く、咬み合う歯を傷つける可能性がある 強度は高いが弾性がある種類なら咬み合う歯を傷つけにくい
汚れやすさ 経年劣化により表面に凹凸ができ、プラークが定着しやすい 表面がなめらかでプラークが付着しにくく、虫歯や歯周病になりにくい
費用 保険診療のため安価 自費診療のため比較的高価

box

logo

コラム ご存知ですか? 銀歯の危険性   

銀歯のデメリットは、見た目だけではありません。一番の問題は、全身の健康に悪影響を及ぼすことです。銀歯の素材は金銀パラジウム合金と呼ばれる金属で、時間の経過とともにイオン化して溶け出した金属が体内に吸収されると、全身にさまざまなアレルギー症状を引き起こす可能性があります。現在お困りのかぶれや肌荒れ、だるさが続くといった体調不良は、もしかしたら歯に詰めた銀歯が原因の金属アレルギーかもしれません。心配な方は、専門の医療機関にご相談ください。

取り扱い素材のご紹介

  オールセラミック
オールセラミック
メタルボンド
メタルボンド
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック
素材 セラミックのみでつくられた詰め物・被せ物です。 金属の土台にセラミックを焼きつけた被せ物です。 セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた素材の詰め物・被せ物です。
メリット
  • 極めて自然な白さと透明感を再現できる
  • 耐久性に優れる
  • 変色の心配がない
  • 汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 自然な美しさと耐久性を兼ね備えている
  • 強度が高く破折しにくいため、奥歯にも対応可能
  • 自然な白さと透明感を再現できる
  • 適度な弾性があり、咬み合う歯を傷つけない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 天然歯より硬く、咬み合う歯を傷つけることがある
  • 歯を削る量が多くなる
  • オールセラミックに比べると透明感が劣る
  • 歯を削る量が多くなる
  • 金属アレルギーの心配がある
  • オールセラミックより美しさでやや劣る
  • やや変色しやすい
  • 咬み合わせの状態によっては使用できない
審美性
耐久性

黄ばんだ歯はホワイトニングで手軽に白く戻せます

黄ばんだ歯はホワイトニングで手軽に白く戻せます

黄ばんだ歯が気になって、鏡を見るたびに憂うつな気分になってしまう――という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? そんな方におすすめしたいのがホワイトニングです。ホワイトニングなら歯を削らずに、ブラッシングでは落とせない黄ばみを取り除くことができます。白く輝く歯は、若々しさや清潔感、さわやかさ、誠実さを印象づけ、あなたの魅力をさらに引き立ててくれます。歯の色でお悩みの方は調布駅近くの歯医者「エンゼル歯科クリニック」にご相談ください。

box

logo

コラム 歯はどうして黄ばむの?

歯の黄ばみは、さまざまな原因によって起こります。ご自分の歯が黄ばんでしまった原因を理解して、より効果的なホワイトニングにつなげましょう。

原因その1:加齢
加齢によって歯の表面のエナメル質が摩耗して薄くなると、もともと黄色みを帯びている象牙質の色が透けて見えるようになり、歯が黄色くなったように感じます。

原因その2:飲食物の色素
コーヒー、紅茶、カレーなどといった色の濃い飲食物は色素が強く、その色素が歯に沈着することでだんだん歯の白さが失われていきます。

原因その3:喫煙
タバコのヤニは歯の表面に貼りついて、歯の黄ばみを強くします。タバコを吸っている方は、まず禁煙からはじめましょう。

原因その4:虫歯
虫歯を放置していると少しずつ黄ばんでいき、最後には黒ずんでしまいます。また、虫歯治療などで神経を抜いた歯は、栄養が行きわたらずに少しずつ変色していきます。

原因その5:薬の服用
「テトラサイクリン」という抗生物質を長期的に服用していた場合、歯が黄ばむことがあります。また、妊娠中のお母さんがこれを服用すると、胎児の歯が黄ばむこともあります。

ホームホワイトニングなら、手軽に歯を白くできます

ホームホワイトニングなら、手軽に歯を白くできます

ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、患者さんがご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。エンゼル歯科クリニックでは効果が長持ちするホームホワイトニングを採用しています。

ホームホワイトニングは、まず歯科医院で患者さんに合わせたマウストレーを作製します。その後、ご自宅でマウストレーに低濃度のジェルを入れ、1日2時間ほど継続的に装着して歯を白くしていきます。効果が得られるまでに2~3週間ほどかかりますが、白さが長続きするというメリットがあります。

ホームホワイトニングの流れ
当院で
STEP 01カウンセリングを行い、
お口の状態をチェックします。

カウンセリングを行い、お口の状態をチェックします。

arrow

STEP 02歯型を取り、マウストレーを作製します。
できあがるまでには1週間ほどかかります。

歯型を取り、マウストレーを作製します。できあがるまでには1週間ほどかかります。

arrow

STEP 03マウストレーと専用のジェルをお渡しし、
使用法などをご説明します。

マウストレーと専用のジェルをお渡しし、使用法などをご説明します。

ご自宅で
STEP 01丁寧にブラッシングします。

丁寧にブラッシングします。

arrow

STEP 02マウストレーに専用のジェルを入れます。

マウストレーに専用のジェルを入れます。

arrow

STEP 03ジェルを入れたマウストレーを歯に装着します。

ジェルを入れたマウストレーを歯に装着します。

arrow

STEP 04時間が経過したらマウストレーを外し、
口をきれいにすすぎます。

時間が経過したらマウストレーを外し、口をきれいにすすぎます。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングは安全性の高い施術ですが、次のような点に注意していただくことが大切です。

ホワイトニング前
  • 効果には個人差があります。
  • 詰め物・被せ物などの人工物や抗生物質による変色には、効果が期待できません。
  • 虫歯・歯周病などがある方は、そちらの治療が優先になります。
  • 18歳未満の方、妊娠中・授乳中の方は受けられません。
ホワイトニング中
  • ジェルは歯科医師の指示通りに管理・使用してください。
  • マウストレーはブラッシングをしてから装着してください。
  • マウストレー装着中に飲食・喫煙はできません。
  • ホワイトニング期間中の歯は再着色しやすい状態です。喫煙や色素の強い飲食物は控えましょう。
ホワイトニング後
  • 定期的なメインテナンスで、歯の白さを長続きさせましょう。
ホワイトニングの費用
全顎 29,800円~(税込み)
神経を抜いて黒ずんだ歯でお悩みの方へ

神経を抜いて黒ずんだ歯でお悩みの方へ

ケガや虫歯の治療で神経がなくなった歯のことを「無髄歯」といいます。神経を失った歯は徐々に黄ばみ、最終的には黒ずんでしまいます。通常のホワイトニングでは無髄歯の黒ずみを白くすることはできませんが、歯の内側から白くする「ウォーキングブリーチ」という方法なら、黒ずみを取り除くことができます。

調布市の「エンゼル歯科クリニック」では、ウォーキングブリーチを行っています。歯の黒ずみにお悩みの方はぜひご相談ください。

エンゼル歯科クリニックの審美歯科・ホワイトニングは、あなたの笑顔をサポートします。

24時間受付中! WEB診療予約はこちらから
お電話でのご予約・お問い合わせ|042-426-4344

TEL:042-426-4344

 
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日:木曜午後・日曜 ● 9:00~14:00  ● 14:00~17:00

PAGE TOP